産後の骨盤の不調によって起こる腰痛

出産後の骨盤の多くは仙腸関節が弛み、本来の関節の位置に戻らずに

動きの悪い状態になっています。

 

骨盤の状態は人によってバラバラで、もともと持っている体力やホルモンの力など

によって、すぐに出産前の状態になる人や産後なかなか状態が良くならない人、中には

少ないですが産前より体の調子が良くなる人もいます。

 

多くの人は、産前あまり症状がなかったのに産後あちこちに調子の悪いところが出てくる

という人が多いのではないでしょうか?

 

出産は大仕事です。体重はかなり増え背骨や骨盤に負担が大きくかかります。さらに

出産しやすいように骨盤が弛むホルモンがでます。そのことによっても、体に大きく

変化を与えています。

 

私は「帝王切開なので大丈夫」とは言えないのです。

ここで、骨盤の構造を見てみましょう。

 

 

骨盤.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右にある仙腸関節と前方に連結している恥骨があります。

重要なのは、この2つともう一つ背骨です。

この3つの関節の状態を良くすることが治療の中心になってきます。

産後の骨盤からの腰痛の治療1(仙腸関節)

まつおか 鍼灸院では、骨格整復治療(肋骨から下)がそれに

あたります。

左右の骨盤の整復治療をした後に、恥骨の整復、その後に

腰椎の関節の治療を行います。

一つ一つ説明しますと

 

骨盤整復1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療前に骨盤の状態を確認して、その人にあった整復治療を行います。

強い力で施術はしません。

特殊なベットにより、安全な施術が可能になっております。

産後の骨盤からの腰痛の治療2(恥骨結合)

骨盤の後方の仙腸関節を整えたあとに、前方の恥骨結合を整復治療を

行います。

 

ここは、デリケートな部分なので、直接触って治療するのではなく、遠隔

治療にて行います。それは、恥骨は足首と連動していまして、つま先を

上げたり下げたりすることで、恥骨結合が滑車のようにくるくる回転し動

いています。

 

同時に後方の仙腸関節も動いています。

仙腸関節と恥骨結合は密接に関係しているのです。

 

実際には、恥骨と骨盤に特殊の器具を使い整復圧を水によりかけて

左右交互に足を動かします。

 

 

恥骨整復1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにより、恥骨結合を中心に骨盤全体の動きを改善します。

産後の骨盤からの腰痛治療3(腰椎治療)

骨盤全体を整えた上で、その骨盤と連結をしている背骨

を整えていきます。

背骨には、左右に椎間関節というものがありそこの動きが

悪くなることによって色んな症状を出します。

 

 腰椎.gif腰椎2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右の椎間関節を特殊な治療器を使うことによって、動きのいい関節に

変えていきます。

 

リダクター上.jpg リダクター横.jpg

●産後の患者さまから、うれしい声をいただいています

子育ては、大変です。一人で悩まないで・・・

 

●腰痛・首筋の痛み・産後の身体のガチガチ感等(36歳 女性 看護師)

ひらめき終わった後は、身体全体がスッキリしました
患者様の声 患者様の声
※画像をクリックすると拡大します。
過去に鍼灸の治療は受けたことはなかったですが、今回初めて施術を受けて症状が和らいだ感じがしました。終わったあとは、身体全体がスッキリしました。続けて治療を受けるとさらに良くなる気がします。

●腰痛・膝違和感(42歳 女性 看護師)

ひらめき子育て疲れでおも〜い体がスッキリしました
患者様の声 患者様の声
※画像をクリックすると拡大します。
子育て疲れでおも〜い体がスッキリしました!運動不足・子供の抱っこなどで自分でも体の動きが悪くなっているのを自覚していて、腰痛が出てきていたので困っていましたが、色々と質問にも答えていただいて分かりやすかったです。腰痛・膝症状の改善に向け、通院とアドバイスを日常生活で実行したいと思います。