産後の骨盤からの腰痛の治療2(恥骨結合)

骨盤の後方の仙腸関節を整えたあとに、前方の恥骨結合を整復治療を

行います。

 

ここは、デリケートな部分なので、直接触って治療するのではなく、遠隔

治療にて行います。それは、恥骨は足首と連動していまして、つま先を

上げたり下げたりすることで、恥骨結合が滑車のようにくるくる回転し動

いています。

 

同時に後方の仙腸関節も動いています。

仙腸関節と恥骨結合は密接に関係しているのです。

 

実際には、恥骨と骨盤に特殊の器具を使い整復圧を水によりかけて

左右交互に足を動かします。

 

 

恥骨整復1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにより、恥骨結合を中心に骨盤全体の動きを改善します。