訪問はりきゅう治療とは?

ひらめき訪問はりきゅう治療とは
慢性的な痛み、しびれなどにより病院や整骨院などで治療が出来ない方のために病院などの医療機関と同様に医療保険(健康保険)を用いてご自宅に居ながら国家資格である鍼灸師による治療を受けることができるサービスです。

介護保険ではなく、医療保険(健康保険)を使ったサービスですので介護保険の限度額を気にすることなくご利用頂けます。

近年高齢者における介護難民の増加が社会問題になっております。

まだ、治療すれば身の回りのことが出来たり、歩けたりする可能性を見過ごしていませんか。

当院の訪問治療は、ADL(日常生活動作)と活動性を高め、QOL(生活の質)をも向上させることを目指しております。

好きな時間に自宅に居ながらにしてリハビリ、治療が受けることができるのです。

どういった人が対象か?

健康保険が適用される「訪問マッサージ」は下記のような方を対象とした訪問サービスです。

1寝たきりの方
2杖をついて歩かれる方
3車いすの方
など医師が訪問治療が必要と認めるもので同意書の交付が必要となります。

適応症状、症例について

1神経痛

例) 肋間神経痛(胸やわき腹が痛む)

坐骨神経痛(お尻から太もも、足にかけてしびれや痛みがある)

 

2頸肩腕症候群

例) 肩がこったり、頭痛や吐き気がしたりする

指先がしびれる

 

3腰痛症

例) 以前痛めたことがあり腰がつらい

 

4リウマチ

例) 朝、指先がこわばりお湯をつけるとましになる

 

5五十肩

例) バンザイをするのが肩が痛くて上がらない

服を着たり脱ぐのが肩、腕がツライ

 

6頸椎捻挫後遺症(むちうち)

例) 以前に事故にあってから首、肩、頭が痛い

 

上記の疾患をお持ちの方は、ご連絡ください。

また、ご自分の症状が上記の疾患にあてはまるか分からない方は一度当院にご相談下さい。

 

健康保険の治療は、医師(主治医、かかりつけ医)の同意があれば、受けることが出来ます

健康保険外(自費)の治療について

当院は、健康保険外(自費)の治療も受け付けています。

下記の病気、症状の方もご相談ください。


神経系疾患 神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神 経症、ノイローゼ、ヒステリー
運動器系疾患 関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧、動悸、息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎、喘息、風邪症候群
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎
婦人科系疾患 更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え性、血の道症、不妊
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿、咽喉頭炎、扁桃炎
眼科系疾患 眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい
小児科系疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、食欲不振)

ケアマネ、担当看護師さんへ

訪問はりきゅう治療を始めるのにあたりまして、忙しい医療機関関係者様のお手を煩わすことは一切ございません

患者様へのご説明、主治医様の同意書の準備、施術開始、患者様の治療の経過報告など当院が責任をもって手続き致しますのでご安心ください。

寝たきり状態の患者様や自力での歩行困難の患者様、慢性的な腰痛、神経痛などをもっている患者様、身体の不調を抱えた一人暮らしの高齢者のご自宅に週1〜4回程度訪問して身体の状態にあった治療、可動域訓練などを行います。

 

慢性期や維持期の患者様が在宅生活を続けていくのに、痛みの緩和や残存機能の維持、精神面でのサポートが大切であると考えます。

演劇筋肉の緊張を和らげて機能の維持、向上に努めたい。

演劇血液循環を良くして床ずれなども予防したい。

演劇自律神経を調節して食欲不振、夜も眠りやすくしてご家族の負担を減らしたい。

患者様、ご家族のこのような要望にお答えしたいと真剣に考えています。

 

訪問はりきゅう治療を行う上で医師をはじめ、看護師やPT、ケアーマネージャ、ヘルパーの皆様のご理解を頂き、医療機関と積極的に連携をとりながら、チーム医療の一員として貢献していきたいと思っております。

お申込みから訪問、治療までの流れ

お申込みから訪問、治療までの流れは、以下のようになります。

1相談・お申し込み

本人またはご家族により、お電話、メール、FAXにてご連絡頂きます。

 

2ご連絡

お電話にて、訪問説明の伺う日程を決定します。

 

3訪問説明

患者さんの症状やご家族の予定を伺い今後のスケジュールを調整します。

また、ご自宅にお伺いした上で、治療開始後の「こんなはずではなかった」といったことがないように話し合います。(具体的な話し合いの内容は、以下になります)

次項有訪問はりきゅう治療のご説明

次項有患者様の症状の確認

次項有治療方針の同意

次項有お申込みに際しての必要となる書類の確認

次項有無料体験治療の日取り

 

4無料体験治療

実際に初回の治療を行います。

 

5主治医より同意書の交付

当院により持参した同意書用紙を本人又はご家族の方がかかりつけのお医者さまへ提出して交付して頂きます。(その時、できれば同行をお願いします)

次項有訪問はりきゅう治療の治療開始日の調整

次項有保険手続きの事務代行

 

6訪問治療開始

患者様やご家族のご希望をお伺いしながら、訪問治療を誠心誠意させて頂きます。

次項有訪問までに同意書、保険証、障害者受給証のコピーをご準備ください

次項有定期的な治療

次項有その他のご相談

治療、施術の流れ

治療、施術の流れは以下になります。

 1予診表の記入

まず予診表にご本人様もしくはご家族様に記入して頂きます。

症状が重要な情報となりますのでどんな些細な症状でも結構ですので詳しくご記入ください。

 

2問診

今、一番つらい症状をお聞きした後に、今までした大きな病気やケガや体質、そして現在服用している薬などをお聞きします。

 

3治療

脈診を行い、その日の施術の説明し治療に入ります(20分〜30分)

料金について

1割負担の方で、1回あたりの訪問治療費300円〜600円程度を目安としてお考えください。

 

ひらめき法定料金について

厚生労働省により「はりきゅう治療料」「往療料」が決められています。

ご利用者さまのご要望・条件によりこれらを組み合わせて1回あたりの法定利用料が決定されます。

 

次項有はりきゅう治療料

1回の治療 1525円

 

次項有往療料

厚生労働省保険局の法定計算により、往療計算は直線距離で「治療院」または「直前の患者様」のお宅からの近い方の距離で算定します。

サーチ(調べる)0.1km〜2.0km (1,860円)

サーチ(調べる)2.1km〜4.0km (2,660円)

サーチ(調べる)4.1km〜6.0km (3,460円)

サーチ(調べる)6.1km〜16.0km (4,260円)

料金(ご負担金)のご説明

ひらめき後期高齢者保険

1割〜3割負担(患者様の世帯収入による)

 

ひらめき身体障害者保険

1・2級の方は、負担金が返金となります。

 

ひらめき生活保護の方

負担金なし。

 

ひらめき国保・社保・共済保険

各種保険の定める負担額。

 

ひらめき往療料

保険料金に往療料も含まれています。

 

サーチ(調べる)身体障害者手帳をお持ちの方は、助成制度が受けられます。

助成を受けられる障害者等級数は、お住まいの地域(市町村)によって多少の違いがあります。

ご利用料金例

ひらめき一番距離が遠い例

高槻市在住(距離9.1km)医療費1割負担の場合

症状 腰椎圧迫骨折後遺症による腰痛症
ご利用状況 週2回(月間8回)
費用 月額4,628円

ひらめき一番距離が近い例

茨木市在住(距離1.3km)医療費1割負担の場合

症状 椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛
ご利用状況 週2回(月間8回)
費用 月額2,708円

 

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

電話072-657-9972