産後の骨盤の不調によって起こる腰痛

出産後の骨盤の多くは仙腸関節が弛み、本来の関節の位置に戻らずに

動きの悪い状態になっています。

 

骨盤の状態は人によってバラバラで、もともと持っている体力やホルモンの力など

によって、すぐに出産前の状態になる人や産後なかなか状態が良くならない人、中には

少ないですが産前より体の調子が良くなる人もいます。

 

多くの人は、産前あまり症状がなかったのに産後あちこちに調子の悪いところが出てくる

という人が多いのではないでしょうか?

 

出産は大仕事です。体重はかなり増え背骨や骨盤に負担が大きくかかります。さらに

出産しやすいように骨盤が弛むホルモンがでます。そのことによっても、体に大きく

変化を与えています。

 

私は「帝王切開なので大丈夫」とは言えないのです。

ここで、骨盤の構造を見てみましょう。

 

 

骨盤.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右にある仙腸関節と前方に連結している恥骨があります。

重要なのは、この2つともう一つ背骨です。

この3つの関節の状態を良くすることが治療の中心になってきます。